Back to Top

Sales-Japan@absolute.com

Absolute Day 2023 VIDEO

開会のご挨拶 (約 20分)

昨今、サイバー脅威は複雑化、深刻化しています。ランサムウェア攻撃による被害の深刻さや被害金額は増加し、また、ChatGPT に代表される生成AIのテクノロジーがサイバー攻撃に利用されることについての懸念も高まっています。その中で「完全な」セキュリティソリューションというものは存在するでしょうか?今日は、北米での潮流となっている「サイバーレジリエンス」について考察します。

成田孝弘(なりた たかひろ)

アブソリュート・ソフトウェア株式会社

カントリーマネージャー

2016年7月にNetMotion Softwareに入社。同社がAbsolute Softwareに統合後、2023年から同社を率いる。複数の外資系 IT 企業における日本のビジネス拡大期のテクノロジー面の強化に努めた。Absoluteでは、技術系の背景を活かして国内でのビジネスを統括している。

アブソリュート製品のご紹介(約 20分)

アブソリュート・ソフトウェアは、セルフヒーリングのコンセプトを取り入れたソリューションにより、組織のセキュリティを保護します。サイバー脅威の侵入口となり得るエンドポイントとネットワークを守り、「セキュリティ機能を確実に動作させ」組織を守るのがアブソリュートのミッションです。このセッションでは、アブソリュートのふたつの製品ライン、「Absolute Secure Endpoint」と「Absolute Secure Access」を紹介します。

西田直斗(にしだ なおと)

アブソリュート・ソフトウェア株式会社

アカウントエグゼクティブ

複数の ITベンダーにおいて営業の経験を積む。EMC Japan では製造・インフラ・金融業などの主にエンタープライズのお客様に対してストレージの提案を経験。 2020年に Absolute Software の前身である NetMotion Software に一人目の法人営業社員として入社。 学生時代はサッカー部として全国大会出場経験も有

パートナーストラクチャのご紹介(約 7分)

アブソリュート・ソフトウェアは、国内でも IIJ、MSYS* をはじめ、多くのパートナー様と連携ています。Absolute Secure Endpoint は、世界で 28社の OEM と提携しており、Dell、HP、Lenovo* のすべての端末、日本メーカーの一部の端末にも組み込まれています。 このセッションでは、アブソリュート・ソフトウェア株式会社のパートナーストラクチャについて簡単に紹介します。(* アルファベット順)

上瀧利治(じょうたき としはる)

アブソリュート・ソフトウェア株式会社

チャネルアカウントマネージャー

株式会社アイ・オー・データ機器において営業としてのキャリアを開始した。主に外資系セキュリティ企業を歴任、フォーティネットジャパン合同会社においては 8年以上、主に東北エリアの公共部門での拡販に注力した。グローバルなコミュニケーション力を強化するために JICA 海外協力隊に参加し、精力的に活動した経験を持つ。

キュリティ最前線「レジリエンスはサイバーセキュリティに必要か?」(約 53分)

2023年、サイバーセキュリティの分野において「レジリエンス」を強調する企業が増えています。このセッションでは、サイバーセキュリティのスペシャリストである piyokango 氏をお迎えし、アブソリュート・ソフトウェアのカントリーマネージャー成田と一緒に、「サイバーレジリエンス」について考察し、今後のセキュリティ体制構築の指針となるべきコンセプトについて意見を交換します。

piyokango 氏(ぴよかんご) セキュリティインコ

インシデントや脆弱性をはじめとしたさまざまなセキュリティ事象のファクトをひたすらに追い求めるセキュリティインコ。Twitterやブログ「piyolog」の他、より多くの人にリーチすべく、ポッドキャストや講演、執筆を通じたセキュリティ情報の発信活動を10年以上続けている。CISSP。

Twitter:@piyokango

Blog:piyolog (https://piyolog.hatenadiary.jp/)

セキュリティのアレ:https://www.tsujileaks.com/

3つの要素で実現するゼロトラスト(約 28分)

「全員が、オフィス空間から、仮想的な仕事空間に集う形へ。どこにいても、これまで以上の品質で業務が行える。」それが、IIJ の考える「デジタルワークプレース (DWP)」です。このセッションでは、IIJ フレックスモビリティサービス/ZTNA でアブソリュートの Secure Access をコアエンジンとして採用している IIJ が、DWP の実現方法、ユースケースを紹介します。

梶原裕太郎氏(かじわら ゆうたろう)

株式会社インターネットイニシアティブ

サービスプロダクト推進本部営業推進部 DWPソリューション課

株式会社 QTnet でキャリアをスタートし、データセンターやネットワークサービスの法人営業に従事。その後、株式会社インターネットイニシアティブに入社し、IIJ フレックスモビリティサービス/ZTNA のプリセールス業務に従事。IIJ 飯田橋本社で開催している体感プログラムの講師を務め、IIJ フレックスモビリティサービス/ZTNA の拡販に注力している。

そのVPNには何が欠けているのか?(約 24分)

テレワークやBYODの普及により、VPNの利用はますます拡大しています。このセッションでは、MSYSがこれまでにAbsolute Secure Accessを導入したお客様の事例をご紹介します。VPNの切断リスクを大幅に削減、アプリケーション操作性の向上、セキュリティの強化などAbsolute Secure Accessが課題をどのように解決するのか、ぜひご確認下さい。

池添翔氏(いけぞえ しょう)

丸紅情報システムズ株式会社

IT 基盤ソリューション事業本部事業推進部営業企画一課

スペシャリスト丸紅情報システムズ株式会社のセキュリティ製品の営業企画チームでテクニカル担当を務める。情報処理安全確保支援士。 電気機器メーカーで社会インフラ設備の設計・開発に10年以上携わり、OT機器のセキュリティ対策やリモートアクセス装置開発という経験を持つ。 かつては東京マラソンで4時間を切るタイムを記録したアスリートでもある。

Absolute Secure Access ロードマップ (約13分) 開発から20年以上ネットワークアクセスの先端を走る「切れない」VPN、Absolute Secure Access のゴールは、ボーダレスな境界の中で、強力なSSEソリューションを提供することです。 開発思想と、DATA MONITOR、APP CONNECTOR など、具体的な機能の開発予定などを紹介します。
ジョン・クノフ John Knopf

SVP, Product Management

Absolute Software Corporation

アブソリュートでネットワークアクセス・ソリューションの製品管理の責任者を務める。ソフトウェア業界で30年以上、アーリーステージおよびミッドステージの企業で経験を積み、数多くの製品を立ち上げから商業的成功に導く。2002年の NetMotion 参画以来、Secure Access の製品ポートフォリオの戦略と方向性をリードしている。ブリガム・ヤング大学で文学士号を取得。

Absolute Secure Endpoint ロードマップ (約9分) 2023年12月、1月の Absolute Secure Endpoint の新リリース V8.0 で強化された Application Health (2,000種類以上のアプリケーションにレジリエンスを実現) について紹介するほか、今後数年に亘る長期的な機能強化の方針を紹介します。
ブレネン・レイノルズ Brennen Reynolds

VP, Global Sales Engineering & Professional/Managed Services

Absolute Software Corporation

ワールドクラスの技術組織を構築し、成長させてきた実績を持つ技術リーダー。約30年にわたる多様な業界経験を持つソリューション主導型の技術者である。コンサルタント的なビジネス価値ベースのアプローチによるソリューションやサービスの販売で成功を収めてきた。これまでの経験から、現在の情報セキュリティ、ITオペレーション、データセンター、クラウド技術に精通している。カリフォルニア大学デービス校でコンピューター工学の修士号を取得し、CISSPやCISAなどのセキュリティ業界の資格も取得している。